泉幸甫建築研究所

お勧めCD-2

Fazil SayのCDを紹介しましたが、彼のモーツァルトとバッハも素晴らしい。というか、こちらを先に紹介すべきだったのかも。腐ったようなクラッシクではなく,どちらも生き生きとした演奏です。
最近、車の中ではもっぱらこの二つのCDを聴いています。モーツァルトのピアノ・ソナタK.331(有名な「トルコ行進曲」が第3楽章に入っている)は内田光子さんの名演がありますが、Fazil Sayも素晴らしい。モーツァルトの方のCDに入っています。

2005-02-03 | Posted in blogコメントする

お勧めCD

すごいピアニストがいます。名前はFazil Say(ファジル サイ)。1970年生まれの若干34歳。生まれはトルコ。異次元と言っていいぐらいの想像力と、巨大なパワー、破壊力を秘めています。しかも今までのピアニストと違うことは彼自身が作曲をする
こと。で、ここで紹介するC.Dは「black earth」。これも彼の作曲です。
僕は昔からクラシック音楽が好きでしたが、正直言って辟易するところもありました。クラシック音楽は繊細なニュアンスを感じることが出来れば至上の喜びがあります。でも現代に生きる僕たちにとっては、多少なりとも違和感があることはあるとは事実です。そんなじくじたる思いをしていたときに出てきたのが、Fazil Sayです。古典と現代、クラッシクとジャズ、東洋と西洋、ユニバーサルとリージョナル、繊細さと暴力、作曲と演奏、そんなことを全部一色丹にした、破壊的な力でハイブリットな音楽を彼は作り出しています。
是非聞いてみてください。
050128
CDの番号はAVCL-25006です。

2005-01-28 | Posted in blogコメントする

今出ている作品掲載誌

工作社発売 「室内」2月号 
またまた自然材料の特集号で、昨年出来た千葉市の「しだりおの家」が出ています。「しだりおの家」は昨年いろんな雑誌に出ていますが、今度の掲載で面白いのは僕が取った写真がたくさん出ていること。是非立ち読みでもいいですから見てみてください。

2005-01-26 | Posted in blogコメントする

骨董

先日、3700年前のヒッタイト文化の地母神土偶と言われるものをてに入れました。
骨董屋に入って、思わず手にしたものです。
izumi3
かわいいし、造形もとってもいい。
ちょっと無理して買ってしまいました。
しかし、3700年前のものにしてはあまりにも奇麗過ぎる。
たぶん贋物じゃないかなー、と思いながらも、まっ、だまされてもいいか、と手に入れたものです。

僕は骨董には自慢じゃありませんが、随分だまされてきました。
韓国ソウルの骨董街、仁寺洞(インサドン)でも高麗の黒磁と言われるものを手に入れました。
これはとってもシャープな形に端正な気品があります。
でも、これも韓国で焼き物では有名な方に見てもらったら、「泉先生、だまされましたね。でもこれは偽物だけどとってもいいです。」
いいとは言ってもらったが、多分慰めもあったでしょう。
中国では、乾隆帝の時代のモノといわれる直径30cmぐらいの皿を買いました。店の人に証明書を付けてくれるように頼み、帰国して見てみたら何と「これは偽物であることを証明する」と書いてあるではないですか。
これには怒る気にもならないどころか、笑ってしまいました。
今回のヒッタイトの地母神もたぶん偽物でしょう。でもいいんですよね。 とっても気に入ってます。

2005-01-18 | Posted in blogコメントする

あけましておめでとうございます。

戦後60年、今年は日本の還暦だそうな。
なるほどそう言われてみると、思い当たる節も無いではない。
見直したほうがいいことは、確かにこの日本にいっぱいあるからだ。

でも今年の年賀状でおもしろかったものの一つに、今この日本はまだ世紀末と主張しておられた方がいた。
それによると近代建築のスタートとしてのエポック的な出来事は、ル・コルビュジェによるドミノ計画、とされるが、
それは1914年のこと。
だから2014年がミレニアムで、まだいまや世紀末ということらしい。
(ドミノ計画についてはhttp://www.taisei.co.jp/galerie/archive/history.html

僕にとって、ル・コルビュジェは凄い人なんだろうなとは思うが、あまり評価したくない人。
だからドミノ計画を基準にするのは、僕にとっては面白くないのだけど、
いずれにしろ今が還暦だとか、世紀末と言われるのは時代が動き始めた証拠なんだろう。
こんな時こそ、ブレずに、じっくりと次の時代を見つめて仕事をしたいと思う。

2005-01-04 | Posted in blogコメントする

今年も押し詰まってきました

皆さんはどんな年でしたか?
僕は年々忙しくなり、よく仕事をやった年でした。
仕事をして、飲んで、眠る、そんなことの繰り返しでした。
昨日は、職人さん達、50人ぐらいと中華料理店で忘年会。
二次会は、職人さんの一人の電気屋さんに、
韓国パブが好きがいて、連れられていかれました。
三次会は事務所の近くの寿司屋、もうその頃になるとほとんど記憶がありません。よく飲みました。

ところで作品の写真を追加しました。
是非見てみてください。
皆様、いいお年を。

2004-12-29 | Posted in blogコメントする

メリー、Xマス

本日より、ホームページをリニューアルしました。 H.Pを細々と立ち上げたのが2年前です。
その後H.Pはあっという間に身近な存在になってしまいました。そんなわけでリニューアルです。
トップのページは相変わらず、望月通陽さんに描いていただいたイラストですが、動きが変わりました。
コラムには写真も入れられるようになり、もっと楽しくなると思います。
近々作品の写真も増やし、またBBS(掲示板)も新設しました。
アドレスは、http://www.izumi-arch.comに変わりました。
しばらくは以前のアドレスからジャンプしますが、よろしければ「お気に入り」を変更してください。

写真が入れられるということで、
最初に入れたい写真が我が家の猫「ムル」です。
Unicode
16年間にもらって来たのですが、生まれた処はどこか分かりません。
その頃獣医さんに聞いたら、2歳ぐらいではとのことで、
もう18歳にならんとする歳です。何度か大病をし2度手術を体験しました。
しかし、どうにか生き延び、その歳にしては今でも元気です。
おそらくチンチラの雑種でしょう。
この猫は毎日僕の横で寝ています。

2004-12-24 | Posted in blogコメントする

ヨン様しちゃった!

世の中の設計事務所が、みんなホームページをつくって、
これが無いと世の中に立ち遅れているみたいで、ホームページを立ち上げて1年半。
最初はとりあえずの感じで、おいおい改訂していけばいいかと思っていたのですが、
忙しさのあまりそのままになっていて、相変わらずの工事中、などがありました。
しかし本当に世の中のホームページの重要度があっという間に高まり、抜本的に改定することになりました。
おそらく、上手く行けば12月25日、クリスマスに新バージョンが登場予定です。

先日拙作、Apartment鶉(じゅん)に日本女子大の住居学科ご卒業の、
大勢のO.Gの方が見学に来てくださいました。
その後、これも僕が設計した目白にあるフランス料理店、
「ぎんきょう」でランチとなりました。
大勢の女性に囲まれ、こんなことは一生に一度あるかないかのことで、
ヨン様気分!でした。

このコラムも写真を載せられると、
中央のヨン様の写真を載せられるのですが、今はダメです。
しかし新バージョンでは写真も載せることが出来、もっと楽しくなると思います。
乞うご期待。

2004-12-04 | Posted in blogコメントする

中国へ留学する日本の建築学生

これから掲載される雑誌
「住宅建築」12月号(11月末発売)に軽井沢に作った山荘と、
千葉で作った「しだりおの家」が出ます。
両作品とも、木製の建具を沢山使っていていますが、
これまでのほかの作品の木製建具を含めての発表です。
この12月号の表紙は「しだりおの家」の写真です。
是非見てください。

雑誌の発表で無くこれは講演ですが、
12月12日13:30より「神楽坂建築塾の公開講座」でしゃべります。
申し込みは03-3269-1202です。

ところで、ここの所、又忙しく、
1ヶ月以上も書き込みがあいてしまいました。
すみません。

土日は例のごとく出張です。
なかには講演会などもありますが、
先週は滋賀県立大学でした。
若い学生対象で、これから建築に夢を持っている人たちです。
講演会の後は例のごとくビールが入っての懇親会でした。
そのとき聞いた大学院生の一人、川井操君は来年中国に留学するとか。
中国は現在、近代化、近代化で伝統的な風景が破壊されつつありますが、
そのあたりのことを研究するようです。
今、若い人の建築へのかかわり方、視野が広がってきているようで、
大変喜しいことです。
頑張れ、川井君!

2004-11-19 | Posted in blogコメントする

小堀設計事務所は素晴らしい!

京都、大徳寺の孤篷庵(こほうあん)ってご存知ですか?
有名な茶室があるのでので、建築関係の方はご存知だと思います。
作者は小堀遠州。
非公開のお寺なので、なかなか見るチャンスがなかったのですが、
先週、幸運にも見ることが出来ました。
実に素晴らしかった!

非公開のお寺だけに、観光的なところが無く、
それでいて隅々まで手入れが行き届いていました。
お坊さん二人で手入れをなさっているらしいのですが、
一日中手入れをしていてお経を読む暇が無いのでは、と思うぐらいきれいです。
禅寺では、そう言う作業も修行らしい・・・。
孤篷庵全体が素晴らしいのですが、茶室、忘筌(ぼうせん)は、
特に素晴らしかった。
忘筌の扉を開けたとたん、小さな声であったが、
あっつ!と思わず声が出てしまいました。

昔の建物は様式的だったり、技能的だったりと、
現在の私たちの時代から見るとちょっとかけ離れた
ところにあるものですが、しかし孤篷庵は身近に感じられるものでした。
それは多分、現代的な個人の美意識によるデザインによるものだからでしょう。
と言って、空間の作り方は、天才的なひらめきを感じさせるものですが、
奇妙奇天烈でもなく、これ見よがしなところが全く無い。
とっても自然なデザインなのです。
デザインする人の、人間性の高さを感じさせられずに入られないものでした。

小堀遠州は、江戸初期にたくさんの建物、造園をやっています。
よく知られたところでは、桂離宮があります。
今で言えば売れっ子の、小堀設計事務所だったのでしょうね。
下衆な話ですが、設計料みたいなものはあったのでしょうか?
孤篷庵は、たまに公開をすることがあるとのこと。
そんなチャンスに是非見てみてください。

2004-10-15 | Posted in blogコメントする