泉幸甫建築研究所

最近読んだ本 Ⅱ

読んだというより「見た」本。
NHKの日曜美術館で聞いたことのない名前の画家をやっていた。
不染 鉄(ふせん てつ)という日本画家。
一目見て、スゴイじゃん、こと人!、一瞬にして虜になった。
画集がないかと探したら、そんなに知られていないのか、あるのはこの一冊位。

この人の絵、文人画の流れにあるようで、生き方がいい。
「有名になれずこんな画をかくようになっちゃったけどいヽよねえ」
と書いたりしている。
でも、この人、これから結構有名になるような気がする。
お顔もいい。
どんな絵かは本を見てください。

もう一冊は「近代日本一五〇年――科学技術総力戦体制の破綻」 著者は山本義隆。
僕らの世代だと、あの山本さんかとピンとくるが、元東大全共闘の委員長、日大の秋田明大と並んで1968を引っ張ったカリスマ的リーダーだった。
山本さんは予備校の講師をしながら科学史を研究していて、「磁力と重力の発見」という大部の著作などがある。
その山本さんの科学技術から見た近現代史。

同世代だから読みたくなったというのでなく、世代を超えたて読まれるべき本。。

2018-07-11 | Posted in blog5 Comments » 

コメント5件

 澤田珠美 | 2018.07.13 16:38

私も不染鉄さんの日曜美術館の回、感動しました 海の中に描かれた魚、神の目で俯瞰して描かれているようで、優しさと愛を感じました 懐かしさと優しさと、生きにくい世の中を、本当は美しいものなんだよ、と描いて見せてくれているようで、心がほっこりしました 先生は 時々冷酷な厳しさを感じさせる方だと思っていましたが、やはり優しい感性からくる厳しさだったんだなと、改めて感じました 画集求めようと思います

 澤田珠美 | 2018.07.14 8:17

コメントのるなんてびっくり⁉️親友に話したら見てくれて、あと、親友の娘さん、日大の生産工学部に今年入学したんです、千葉のキャンパスで先生とすれ違うこともあるのでしょうかね、ご縁だわ〜❣️暑い日が続きますねくれぐれもお身体大切になさってご自愛くださいませね でも、お酒が美味しいですよね、ますます

 澤田珠美 | 2018.07.14 12:12

さっそく、隣町の太田市のブックマンズアカデミーという本屋さんで、不染鉄さんの画集と幸田露伴の五重塔と、何故かトートバッグが付いてくる、藤田嗣治の冊子を求めました
礼拝という作品が掛け軸にしてあったものなのかしら?後で確認してみます 親友に老眼とは闘わずとも、老眼鏡で解決できるじゃんと言われ、そうじゃんね、眼鏡屋じゃんねと、至極真っ当な答えに納得した次第です

 澤田珠美 | 2018.07.14 15:49

先生がご覧になられていらっしゃるのか、藤田嗣治はモディリアニと交流があったのですね モディリアニといえば、内妻のジャンヌ、一女もあったのに、モディリアニの死後、二日で飛び降り後追い自殺が、衝撃的ですが、お腹に赤ちゃんがいたのに、というのもさらに悲劇、衝撃的です 愛故になんでしょうか?画家は死後価値が上がるというのも、恐ろしい世の中というものを感じます 藤田嗣治のトートバッグ良い感じです 良い買い物でした

 澤田珠美 | 2018.07.15 17:42

なんだかストーカーのようにコメントしてごめんなさい親友に先生の動画を見せたくて探していたら、昨年のお母上様の黒田節に行き当たりました、素敵、なんてお元気な、私も元気をいただきました。ちょうど一年前なんですね 先生の美丈夫遺伝子はここに源泉があられたのですね 先生も百歳を超えて現役でご活躍も夢ではないですね!凄い勇気もらえました。コメント沢山してごめんなさい

Comment





Comment