泉幸甫建築研究所

グループ・ホーム完成

世田谷区、上祖師谷にグループ・ホームが完成しました。
グループ・ホームといううのは痴呆性の老人(若い人でもいるらしいが)
が集まってすむ施設のことです。
入居者はそれぞれに個室を持ち、みんなが集まる食堂や、リビング、浴室などがあります。
一グループは9人までと法律で決まっていて、一グループごとに食堂やリビングがあり、
面倒を見てもらいます。
今度作ったグループ・ホームは「グループ・ホームかたらい」という名の施設で、
2グループ、計18人の入居者を想定したものです。
建物の延べ床面積は811?。
最近グループ・ホームは急激に増えていますが、なかなかいい施設はありません。
僕の事務所では最近集合住宅の仕事が増えていますが、
グループ・ホームも一種の集合住宅と考えていいと思います。
そのような観点からも楽しく集まってすめる建物を目指しました。
「グループ・ホームかたらい」のオープンは9月ですが、入居者はすでに定員一杯です。
多分「グループ・ホームかたらい」も話題になると思います。
名前をちょっと覚えておいてください。

2004-08-05 | Posted in blogNo Comments »